運賃に関する用語について(その1)

ここでは、普通運賃、普通運賃表について説明します。 ・普通運賃 運賃は、JRを利用した時、その代金として利用者が支払うもので、現金前払いが必要です。 お金を駅などでJRに支払って受取る証票が「乗車券」です。運賃には、普通運賃のほか、 定期、回数、団体、貸切があります。さらに普通運賃は、片道、往復、連続乗車運賃の 3種類にわけられます(いずれも本ブログで解説済です)。 特急券やグリーン券、寝台券…

続きを読む

JR運賃はこんな計算方法で決まる(その2)

先日、JR運賃はこんな計算方法で決まるでお伝えした運賃率の詳細は下記とおりです。 1.対キロ賃率対キロ賃率は、本州三社(共通)と三島会社各社ごとに、幹線、電車特定区間内、山手・大阪環状線と地方交通線ごとに、8種類定められています。 表1 対キロ賃率 営業キロ幹線(地方交通線)本州3社JR北海道JR四国JR九州幹線電車特定区間*山手/大環*地方交通線幹線地方交通線幹線**幹線**1-100(…

続きを読む

「幹線」と「地方交通線」

JRには、大きく分けて、「幹線」と「地方交通線」があります。これは、国鉄末期の「国鉄再建法」によって分類され、地方交通線に指定された路線には割高な運賃を適用するようになって以来、現在まで引き継がれています。 幹線のみを利用する場合は幹線の運賃表に、地方交通線のみを利用する場合は地方交通線の運賃表に、算出した営業キロを当てはめれば、運賃が分かります。営業キロの刻み方が異なり、やはり地方交通線…

続きを読む