チケットレスサービスとは(その1)

先日は、「指定券や乗車券のインターネット予約」についてご説明しました。今回、「チケットレスサービスとは(その1)」でチケットレスサービスの仕掛けについて説明しますね。

「チケットレスサービス」は、文字通り、予約した後、紙の切符を駅で受け取りすることなく列車に乗れるサービスです。「切符を手にすることなく列車に乗れる」という広い意味では、SuicaなどICカード乗車券を使っての乗車もチケットレスとなりますが、ここではJRの指定券のチケットレスサービスについて記述します。

チケットレスサービスでは、インターネット経由で列車・座席が予約され、クレジットカードで決済・購入されたという情報が、鉄道会社と利用者との間で共有されています。これにて輸送サービスの契約は完了です。

乗車には必ず特急券が必要な新幹線では、携帯電話、スマートフォーンといった、利用者が持っている、登録済の携帯情報端末などの固有情報が、自動改札機にタッチして通過しようとした際、鉄道会社のサーバーに蓄積された、日時・区間・列車といった予約情報と照合され、その端末の所持者が、予約された列車に乗車することができる、正当な利用者であるということを確認する仕組みです。


次回は、「チケットレスサービスとは(その2)」でJR各社が実施しているチケットレスサービスについて説明しますね。


この記事へのコメント