チケットレスサービスとは(その2)

先日は、「チケットレスサービスとは(その1)」でチケットレスサービスの仕掛けについてご説明しました。今回、「チケットレスサービスとは(その2)」でJR各社が実施しているチケットレスサービスについて説明しますね。

JR各社が実施しているチケットレスサービスで代表的なものは、新幹線に乗車できるJR東日本の「モバイルSuica特急券」と、JR東海の「EX-IC」が挙げられます。

「モバイルSuica」は対応するICチップを搭載した携帯情報端末を「Suica」と同じように使用できるサービスで、インターネット経由のクレジットカード決済で、チャージや首都圏の普通電車のグリーン券の購入などをどこででも行えるという、カード式のSuicaにはない利点を持っています。

この独特なサービスの一つに「モバイルSuica特急券」があり、モバイルSuicaが使える携帯情報端末から利用登録をすると、東北・上越・長野・秋田・山形の各新幹線の予約・乗車に使えるようになるのです。

一方、「EX-IC」は「エクスプレス予約」のサービスの一つで、会員となると送付されてくる専用のICカード(EX-ICカード)、または登録済の「モバイルSuica」利用可能な携帯情報端末を使って、改札を通ります。「エクスプレス予約」がJR東日本のサービスと異なる点は、予約・購入がパソコンやタブレット端末からでも可能であるということと「EX-IC」を利用する際には、自動改札機にカード・端末をタッチすると「ICご利用票(座席のご案内)」という小さな紙が機械から出てきて、乗車時はそれを見て、指定された座席を確認できることなどがあります。この「ICご利用票(座席のご案内)」には、「このご利用票はきっぷではありません」と明記されています。車内改札の際には、これを提示することになりますが改札口を通ることはできません。

次回から切符のルール「乗車券編」に入ります。乗車券のルールについて説明していきます。


この記事へのコメント