「幹線」と「地方交通線」の見分け方と運賃計算

JRには、大きく分けて、「幹線」と「地方交通線」があることは先に解説したとおりです。時刻表にある索引地図を見ると「地方交通線」は青色で示してあります。この青色で示してある鉄道の線区を「地方交通線」と定義しており、また「幹線」とは「地方交通線」以外の鉄道の線区いいます。

「営業キロ」は幹線または地方交通線だけを乗車する場合の運賃計算に使います。また、割引、有効期間の条件や、特急、急行などの料金を計算するときにはすべてこの「営業キロ」を使います。
「換算キロ」は、幹線と地方交通線にまたがって乗車する場合の運賃計算で、地方交通線の区間についてのみ使います。換算キロは、線区毎に決められています。幹線の乗車区間の営業キロと、地方交通線の乗車区間の換算キロを合計したものを「運賃計算キロ」といいます。

上記をまとめて、要約すると下記のようになります。

(1)JRの鉄道線には「幹線」と「地方交通線」があり、この2つでは同じキロでも運賃が
   違いますので、間違えないようにしてください。
(2)「幹線」と「地方交通線」の見分け方」は「索引地図」をご覧ください。色分けして
   あるので、すぐに分かります。
(3)時刻表の駅名の左側にある「営業キロ」は、「幹線」、「地方交通線」をそれぞれ
   はみ出すことなく(幹線なら幹線のみを)利用したとき、幹線の場合は
   「幹線の普通運賃」で運賃を見てください。
   同じように地方交通線の場合は、「地方交通線の普通運賃表」で運賃を見てください。
   乗車するキロが60kmのとき、幹線のばあい970円、地方交通線では1,140円で運賃が
   このようにちがうので間違えないようにしてください。
(4)割引計算、有効期限、特急、急行などの料金計算は営業キロで行います。間違えて
   「換算キロ」で合算しないようにしてくださいね。
(5)地方交通線区の駅名の左側にある「換算キロ」は幹線と地方交通線をまたがって
   乗車した時に使うキロで、間違えないようにしてください。

次回から実例を用いた運賃の説明をしていきますので、時刻表が用意できる方は時刻表を片手に見て下さいね。


この記事へのコメント