【仰天】「特定区間」を挟んでいるときは、やはり2つに分ければこんなに安くなることがある

「特定区間」をうまく使って、きっぷを2つに分けると運賃が驚くほど安くなってしまう事があります。

東海道本線(琵琶湖線)の山科(京都府)から神戸(兵庫県)へ行くとき、山科は特定区間に入っていないため山科-神戸(81.4キロ)の運賃は本州3社の幹線運賃になってしまいます。

ところが、山科-京都(幹線)、京都-神戸と2つに分けると、京都-神戸が特定区間となっているため、次に示すごとき運賃となって、その開きは220円にもなってしまいます。

この区間はJR西日本管内の運賃適用で、JR東日本管内ではないので、IC運賃の設定がありません。このため、きっぷでもIC乗車券(Suica,ICOCA等)でも同一運賃です。

                             きっぷ        
山科-神戸(81.4キロ=本州3社幹線運賃)・・・・・ 1,490円

2つに分けると
                             きっぷ    
山科-京都(5.5キロ=本州3社幹線運賃)・・・・・・   190円
京都-神戸(75.9キロ=「特定区間」運賃)・・・・・ 1,080円

また、次のような例が出てきますから油断がなりません。東海道本線横浜(神奈川県)から山手線の目白(東京都)に行くときです。特定区間運賃や山手線運賃があることを知らずに横浜-目白間のきっぷを買うと、横浜-品川、品川-目白とに分けてきっぷを買うのと比較すると、

                             きっぷ  IC運賃(JR東日本)   
横浜-目白(36.2キロ=東京の電車特定区間運賃)・・・ 640円    637円
横浜-品川(22.0キロ=     特定区間運賃)・・・ 290円    288円
品川-目白(14.2キロ=     山手線内運賃)・・・ 200円    194円

その差はなんときっぷで150円、IC乗車券で155円にもなります。

これは横浜-品川(22.0キロ)が「特定区間」運賃であるので、390円(電車特定区間運賃)のところが290円となっているためと、品川-目白間が山手線内運賃となっているためです。

150円は610円の25%に当たります。きっぷの買い方を変えただけでこんなに大きな開きがでるのは大問題です。

JRは18種類の運賃表と4種類の換算表を使う運賃システムを設定しているために、こんな矛盾を抱え込んでしまったのです。


この記事へのコメント