【これってマジック?】きっぷを分けて買えば安くなる!道理で!(その1)

当たり前のことですが、15キロが一番安いとすれば、30キロの場合、15キロと15キロに分けてきっぷを買えば安くなります。

 30キロの本州3社の幹線普通運賃は500円
 15キロの本州3社の幹線普通運賃(240円)✕2=480円

このように2つに分けた方が20円安いことが分かります。60キロを4枚に分けたときはどうでしょうか?

 60キロの本州3社の幹線普通運賃は970円 
 15キロの本州3社の幹線普通運賃(240円)✕4=960円

やはり、15キロのきっぷの4枚のほうが10円安いことが分かります。きっぷを2つに分けてJRを利用するのに問題ないかということをよく聞かれますが途中抜けているところがなければ何ら問題ありません。

例えば、根岸線磯子(神奈川県)から山手線新宿(東京都)へ通勤する場合、磯子-横浜(JR根岸線)、横浜-渋谷(会社線、東横線)、渋谷-新宿(JR山手線)と、私鉄をはさんでJRは2つに分けて定期券を買うことになりますが、これが問題となることがないのは、常識で考えても分かることですね。

次回は、分けて買うと安くなる実例(本州3社幹線、電車特定区間、本州3社幹線と電車特定区間)について、説明していきます。乞うご期待!


この記事へのコメント