【両刃の剣】うっかりしちゃダメですよ!「山手線発着」(その2)

山手線内発着の乗車券のキソクについて、詳細をご説明します。


東京駅から101~200キロの間にある駅から山手線内の駅までのきっぷを買うと、運賃が、出発駅から目的駅(山手線内の駅)の距離に関係なく、出発駅と東京駅間の距離で決まってしまうという変わった規則です。山手線内から出発するときも同じです。


ではどんな規則かです。
東海道本線の西焼津(静岡県)から水道橋(東京都、山手線内の駅)へ出かけようときっぷを買います。営業キロは197.0キロで運賃は、3,350円です。ところが西焼津-水道橋は
200.3キロで、本州3社の幹線の運賃を見ますと3,670円のはずが、3,350円ですんでしまうのです。


このようにうまくいくときもありますが、次のような例では、この規則が邪魔となって逆に高くなってしまいます。東海道本線の三島(静岡県)から有楽町(東京都、山手線内の駅)へ行くとき、有楽町までのきっぷを買うと2,270円かかります。三島-有楽町間は119.9キロで本来1,940円なのですが、この規則(こんなときは、三島-東京のキロで運賃が決まるという)で三島-東京(120.7キロ)の運賃計算がされるためです。なんとも残念ですね。


この規則によって出発駅から東京より遠いところへ行く場合はソンとなることはありません(西焼津から水道橋の例)が、東京より近いところへ行くとき(三島から有楽町の例)はソンする場合が多いのです。


この記事へのコメント