【これを知っておくと便利!】目的駅までのきっぷを買う、途中駅までのきっぷを買う、迷ってください

時刻表の「きっぷの変更」というページをみると、「乗り越しの場合は、乗り越し区間の運賃をお支払いください」とあり、例として「東京山手線内から静岡ゆきの乗車券(営業キロ180.2キロ)で、浜松まで乗り越した場合は、静岡ー浜松間の運賃1,320円が必要です」とあります。


この場合、東京から浜松までのきっぷを買っていたときと、乗り越しをしたときとで、どちらがトクかソンかをみると

 東京ー浜松(257.1キロ) 4,430円

 東京ー静岡(180.2キロ) 3,350円
 静岡ー浜松( 76.9キロ) 1,350円
 合計             4,700円

この例の場合、東京から浜松まで予めきっぷを買わなかったために270円ソンをしてしまいました。がこの例をもって、きっぷは目的地まで買って行ったほうが安い、と思い込んではならないのです。


以前、記述した静岡ー東京の例でみたように乗り越しによって安くなることが多いのです。乗り越し精算によって目的駅まで買わずに、安くなるときの目安は、発駅から着駅までの距離がわずかな距離でポンとはね上がってしまうときです。具体的にいうと121.1キロとか161.2キロ、180.5キロなどの場合です。ただし、発着駅間が101キロ以上の時に限ります。


この記事へのコメント