【ここがポイント!】101キロのきっぷで分かれる乗り越し精算の方法

さらに時刻表を読みすすめると「もとの乗車券の営業キロが、片道100キロ以内の場合には、新旧運賃の差額をお支払いください」とあります。これは、100キロ以内のきっぷを持っていて、乗り越し精算の方法は、101キロ以上のきっぷを持っていたときとは違いますぞと言っているのであり、発駅から着駅までの運賃からもっていたきっぷの額を差し引いたものが精算になるのですぞ、と言っているのです。


例として、「東京から小田原ゆきの乗車券(83.9キロ)で熱海(104.6キロ)まできっぷで乗り越した場合は、東京ー小田原間の運賃1,490円と東京ー熱海間の運賃1,940円とを比較して、差額の450円が必要です」とあります。


これは100キロ以内のきっぷをもって出かければ、(発駅ー着駅までの運賃)-(もっているきっぷの代金)=精算額ということで、乗り越し精算には2種類あるということなのです。このことをしっかりと頭の中に入れておかなければなりません。


100キロ以内のきっぷをもって乗車したときの乗り越し精算はまことにぶっきらぼうで面白くもなんともないのですが、101キロ以上のきっぷをもって乗車すれば、乗り越し精算はまことに千変万化、妙なること大ありですので、この規則はぜひ覚えておいて存分にご利用なさることです。


東海道本線近江長岡(滋賀県)から大阪(121.2キロ)までのきっぷを買うと、2,270円です。たった1.2キロオーバーしたために運賃がひとつポンとはね上がってしまいます。そこで、きっぷは新大阪(117.4キロ)まで買うことにします。すると運賃は、1,940円です。


さて、大阪の駅で、新大阪ー大阪間の乗り越し運賃の精算をしますと、160円(3.8キロ)です。2,270円と1,940円の差は、330円ですので、330円ー160円=170円安くなってしまいます。帰りも大阪で近江長岡の一つ手前の醒ケ井(さめがい、滋賀県、116.4キロ、1,940円)まで買って出かければ、乗り越し精算は醒ケ井ー近江長岡(4.6キロ)=190円。大阪へ行くときと同じように運賃節約となります。


小倉ー熊本は186.6キロで運賃は、3,670円です。わずか6.6キロで3,240円から430円上がってしまったわけです。前の例と同じように熊本の三つ手前の西里(177.8キロ)まできっぷ3,240円を買って出かけるのです。熊本の駅での乗り越し精算は230円。200円安くなります。


この記事へのコメント