【よく考えて!】途中下車がいいかどうかは、きちんと計算して決めたほうがいいですよ!

前述の方法は、前記事の山手線発着のようなところに限られるかといえば、決してそうではありません。山陽本線竜野(たつの、兵庫県)から
大阪(104.1キロ)1,940円へ行く場合、途中の垂水(たるみ、兵庫県)で用があったときよりも、同じく通しで買うより、別々にきっぷを買ったほうが安くなります。


                     きっぷ(IC乗車券も同額)
 竜野ー垂水(57.9キロ)               970円
 垂水ー大阪(46.2キロ、大阪の電車特定区間)     800円
 合計                        1,770円


と、170円安くなりますし、同じく神戸で途中下車のときも、それぞれ次のように分ければ分けたほうが


               きっぷ(IC乗車券も同額)
 竜野ー神戸(71キロ)    1,320円
 神戸ー大阪(特定区間)      410円
 合計             1,730円

で、210円安くなります。


上記の例はJR西日本管内なので、JR東日本のようにIC乗車券の1円運賃設定はありませんので、きっぷもIC乗車券も同額の運賃設定となります。JR東海も同様です。


分けて買うと高くなってしまう例を一つ上げてみます。東京から名古屋へ行く途中で静岡で途中下車するとします。通しできっぷを買うと6,260円です。静岡まできっぷを買って出かけると、

 
                 きっぷ(IC乗車券も同額)
 東京ー静岡(180.2キロ)    3,350円
 静岡ー名古屋(185.8キロ)   3,350円
 合計                6,700円


分けたほうが440円も高くなってしまいます。

この記事へのコメント