【こうすればいい?!】どうすりゃ「途中下車のキソク」をうまく使えるの?(その2)

今回は、具体例でかんがえてみましょう。


東京ー真鶴(神奈川県)は95.8キロ(運賃は1,660円)です。もう少しで100キロです。101キロ以上のきっぷを持っていれば途中下車も可です。その都度きっぷを買わずにすむわけですから、この場合熱海まで(104.6キロ)のきっぷを買って出かけました。


そしてつぎのように途中下車しました。


東京(170円)品川(220円)川崎(220円)横浜(310円)大船(320円)平塚(410円)小田原(240円)真鶴


合計金額は、1,890円です。東京ー熱海の運賃は1,940円ですので、確かにその都度きっぷを買う手間が省けましたが金額は50円高くついてしまいました。


どの位途中下車をしなければ引き合わないか?同じコースで次のような途中下車をしました。大船までは上記の例と同じです。


東京(170円)品川(220円)川崎(220円)横浜(310円)大船(190円)藤沢(200円)茅ヶ崎(190円)平塚(240円)国府津(200円)小田原(240円)真鶴


運賃合計は2,180円です。100キロ未満のところへ行く場合、この程度途中下車しなければ101キロ以上のきっぷを使うメリットがでてこないのです。しんどいですね!


Sきっぷなどの各種割引きっぷは、途中下車を禁じています。この種のきっぷの利用の際は、気をつけなければなりません。


このきまりを知らずにうかつに途中下車をしようものなら、さっ!ときっぷを取り上げられてしまい、悔しい思いをしますよ!

この記事へのコメント