【合わせ技が災い?】101キロ超えたら、定期券は2つに分けたほうが安くなることが多い

JRの時刻表には定期運賃は100キロまでしか掲載されていません。
100キロを超えたときには、例えば101キロの時の定期運賃は、100キロの定期運賃+1キロの定期運賃となります。


つまり、
 46,650円+4,540円=51,190円となります。
そこで、101キロを超えるような場合は2つに分けたほうが安くなることが多いのです。


今の例でみますと、例えば101キロを50キロと51キロに分けて
買うと、
23,810円(50キロ)+24,340円(51キロ)
=48,150円で、101キロの定期運賃より3,040円安く
なります。


通しで買うより、101キロ以上の場合、6カ月の定期では安くなるところが増えます。


この記事へのコメント