【びっくりポン!】「特定区間」を上手に使って分けて定期券を買えば節約額はジャンボ

さらに定期券を2つに分けると安くなる例をみてみましょう。


京都から垂水(たるみ、兵庫県)までJRで通勤する場合、
6カ月の定期運賃は次のようになります。

 京都ー垂水(89.0キロ)   214,610円

 京都ー神戸(特定区間)     155,520円
 神戸ー垂水(13.1キロ)    34,210円
 合計              189,730円

24,880円の節約となります。

特定区間の運賃表をみますと、京都ー神戸間は普通運賃1,080円と
なっています。しかし、この表をさらに丹念に見てみると京都ー大阪間
560円(特定区間)、大阪ー神戸間410円(特定区間)となっている
ことが分かります。


そこで、京都ー神戸ときっぷを買わずに京都ー大阪、
大阪ー神戸と分けて買うと、普通運賃で110円安くなっていることが
分かります。


このようにして、京都ー神戸間の6カ月定期運賃をみると、

 京都ー神戸(特定区間)     155,520円

 2つに分けて買ったとき、
 京都ー大阪(特定区間)      79,310円
 大阪ー神戸(特定区間)      59,090円
 合計              138,400円


さて、そこで、京都ー垂水(214,610円)のときも、通しで買わずに
京都ー大阪、大阪ー神戸、神戸ー垂水と3つに分けて買えば、
42,000円の節約ができます。この額は通しで買ったときの実に
19.6%に当たります。


この記事へのコメント