【え~!】26キロ以上の定期運賃と25キロまでの運賃は決まり方が違う

普通運賃のところで、JRの普通運賃は区間制をとっているため、 問題が多いと記述しましたが、1回こっきりの普通運賃と比較して、 毎日乗車するような定期運賃では矛盾が噴出してしまいます。 つまり、26キロ区間の定期運賃が30キロ区間の定期運賃が同じでは、 26キロの人の気持ちが納まりません。そこで26キロ以上では差を 設けて、気を鎮めるようにようにしているのでしょうか? …

続きを読む

【ふむふむ!】定期券の運賃はこうして決まっている

定期運賃は、普通運賃をもとにして決まっています。 1~3キロ(本州3社の幹線)の普通運賃を例としてみてみましょう。 この区間の普通運賃は、140円で、定期運賃は4,540円です。 「140×30×1.08=4,536円の計算だ。」と考えることが できます。 6円を切り上げて、4,540円となっているのです(1.08は 消費税です)。 また乗ずる30は30回乗車、つまり15往…

続きを読む

【こうすればいい?!】どうすりゃ「途中下車のキソク」をうまく使えるの?(その2)

今回は、具体例でかんがえてみましょう。 東京ー真鶴(神奈川県)は95.8キロ(運賃は1,660円)です。もう少しで100キロです。101キロ以上のきっぷを持っていれば途中下車も可です。その都度きっぷを買わずにすむわけですから、この場合熱海まで(104.6キロ)のきっぷを買って出かけました。 そしてつぎのように途中下車しました。 東京(170円)品川(220円)川崎(…

続きを読む