【ここがポイント!】101キロのきっぷで分かれる乗り越し精算の方法

2016/03/22 08:46
さらに時刻表を読みすすめると「もとの乗車券の営業キロが、片道100キロ以内の場合には、新旧運賃の差額をお支払いください」とあります。これは、100キロ以内のきっぷを持っていて、乗り越し精算の方法は、101キロ以上のきっぷを持っていたときとは違いますぞと言っているのであり、発駅から着駅までの運賃からもっていたきっぷの額を差し引いたものが精算になるのですぞ、と言っているのです。 例として、「東京から小田原ゆきの乗車券(83.9キロ)で熱海(104.6キロ)まできっぷで乗..

続きを読む

【知っておかないとソン!】「乗り越し精算」のきまりを巧みにこなす

2016/03/19 11:03
Aさんが中央本線松本(長野県)から新宿(東京都)まで(きっぷ4,000円、IC乗車券3,996円、新宿まで225.1キロ、東京まで235.4キロ)のきっぷを買って出かけてきました。用事を思い出し、横浜まで足をのばしました。 横浜の駅で乗り越し精算をすると220円といわれ、それを支払いました。松本から横浜(264.2キロ)のきっぷを買いますときっぷ4,750円、IC乗車券4,752円します。東京までのきっぷで乗り越せば4,220円ですんでしまいます。というおかしなこと..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その4)

2016/03/13 09:45
都区内行きのきっぷで、東京より遠いところ(東京を通過して)へ行くときのことをみます。「運賃は発駅と東京間できまる」という規則のうま味を利用した、という例をひとつ。 前出の東北本線白石(宮城県)よりひとつ東京寄りの伊達から、京浜東北線の鶴見(神奈川県)へ行く場合です。この場合は、東京ー伊達の距離298.6キロがものをいいます。あと1.5キロ距離が長いと、運賃がワンランク上がってしまいます。ぎりぎりのところがいいのです。 伊達から東京都区内行きの運賃は298...

続きを読む

【これはびっくりぽん!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その3)

2016/03/11 08:40
白石ー蒲田のようにトクする例はともかく問題は、白石ー赤羽のような場合です。その対策は、山手線の場合と基本は同じです。つまり、白石から都区内となる手前の駅まで買って出かけてくるのです。赤羽の一つ手前は川口ですので、川口までのきっぷを買って来て、赤羽で川口ー赤羽間の乗り越し精算をします。 白石ー川口  5,080円 川口ー赤羽    140円(IC乗車券の場合133円) 合計     5,220円(きっぷ)        5,213円(きっぷ+IC乗車券) ..

続きを読む

【これはびっくりぽん!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その2)

2016/03/10 09:09
東北本線の白河(福島県)から188.2キロですので、200キロ以内です。そのため、白河で東京までのきっぷを買うと「山手線内行」となります。 一方、同じ東北本線の郡山(福島県)~東京は226.7キロ、200キロを超えているため、東京都区内にある駅へ行くばあい、目的駅とのキロ(距離)に関係なく、「郡山-東京」のキロ(距離)で運賃がきまり、「郡山から東京都区内行き」となります。 東北本線白石(宮城県)-東京の実際の距離は306.8キロです。この規則によって、白石..

続きを読む

【これはびっくりぽん!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その1)

2016/03/09 10:47
山陽本線広島から鹿児島本線小倉まできっぷを買うと3,710円です。このきっぷは「北九州市内行き」のしるしがついています。このきっぷで同線上の教育大前へ行きます。広島で教育大前までのきっぷを買いますと、4,530円するのですが、北九州市内行きのきっぷをつかっての教育大前での乗り越し精算は280円なのです。3,710円と280円、つまり3,990円で教育大前へ行けるのです。540円安くなります。 さて、この「北九州市内行き」の市内駅は、北九州市内の25駅が範囲にはいって..

続きを読む

もっと見る