【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その7)

2016/03/18 16:30
特定市内駅同士が接しているのは、東京都区内と横浜市内駅です。東京ー横浜は28.8キロのため、東京までのきっぷを買って出かけ横浜(駅)で乗り越し精算をしたり、また横浜までのきっぷを買って出かけ都区内の駅で乗り越し精算したりすると、節約できることが少なくありません。 例えば、福島から川崎に出かけるようなとき、川崎(横浜市内駅)までのきっぷを買うと5,400円(福島ー横浜間301.6キロ)ですが、蒲田(東京都区内の駅、福島ー東京間272.8キロ)までのきっぷを買えば、4,75..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その5)

2016/03/14 08:43
さて、東京都区内ではなく、この規則のあてはまる10都市の場合について、みてみましょう。規則を上手に活用する原則は、市内駅に含まている駅へ行くとき、中心駅より手前の駅か、先の駅かでこの規則の活用法が変わってきます。 例1 紀勢本線の紀伊有田(和歌山県)から阪和線の杉本町(大阪市内駅)へ行くとき、紀伊有田の駅で杉本町までのきっぷを買うと、紀伊有田と大阪の距離が225.3キロのため、運賃は紀伊有田ー大阪できまってしまい、4,000円となります。そこで大阪市内駅となる..

続きを読む

【両刃の剣】うっかりしちゃダメですよ!「山手線発着」(その1)

2016/02/29 19:27
運賃計算にはルールがあることを以前いいましたが、やはり特例があります。いくつかの特例のうち、ここをきちんと抑えておかねば、自分で運賃計算どころか、キソクを上手につかうこともできません。 そのひとつが「山手線内発着」の乗車券です。 この規則はまことに「両刃の剣」のようなもので、あるときはこの規則のために利用者が恩恵に預かるかと思えばあるときは憎らしげに立ちはだかって悩ませます。 例えば、中央線塩崎(山梨県)から新宿(東京都)へ出かけるとき、きっぷを..

続きを読む

【実例、グッドアイデア】だから「特定区間」をうまく活用すれば、もう笑いが止まらない(その3)

2016/02/25 13:29
特定区間をうまく活用して節約した例をもう少し考えていきます。今回は3回シリーズの最終回です。 例5 京都-神戸(75.9キロ)が特定区間(1,080円)で普通運賃(1,240円)と比べて160円安くなっているのに京都-大阪(42.8キロ、特定運賃560円)、大阪-神戸(33.1キロ、特定運賃410円)とつなぐと普通運賃(75.9キロ、1,240円)よりさらに110円、合計で270円も安くなってしまうのです。 このため、東海道本線の山科(京都府、幹線)から神戸..

続きを読む

【実例、グッドアイデア】だから「特定区間」をうまく活用すれば、もう笑いが止まらない(その2)

2016/02/24 10:46
特定区間をうまく活用して節約した例をもう少し考えていきます。 例3 JR中央線吉祥寺(東京都)からJR京浜東北線蒲田(東京都、営業キロ30.4キロ)は、吉祥寺-渋谷(営業キロ15.6キロ)と渋谷-蒲田(営業キロ14.8キロ)と2つに分けて買います。 このように2つに分けたときは1ヶ月で81.7%、6ヵ月では78.4%も通しで買った時よりも安くなってしまうのです。吉祥寺-渋谷間が特定区間となっているため、このように2つに分けると、通しで買うよりも安くなってしま..

続きを読む

【実例、グッドアイデア】だから「特定区間」をうまく活用すれば、もう笑いが止まらない(その1)

2016/02/24 10:36
3回にわたり、特定区間をうまく活用して節約した例を考えていきます。 例1 JR成田(千葉県)-上野(東京都、営業キロ66.4キロ)は私鉄の京成本線(京成上野-京成成田)と競合しているところです。 本来の運賃は、きっぷ1,140円・IC乗車券1,144円ですが特定区間となっていて、きっぷ920円・IC乗車券918円、きっぷで220円・IC乗車券で226円も安くなっているのです。 ところで、成田からひとつ先の久住(くずみ、千葉県)行くとき上野できっぷを..

続きを読む

もっと見る