【え~!】26キロ以上の定期運賃と25キロまでの運賃は決まり方が違う

2016/04/04 09:25
普通運賃のところで、JRの普通運賃は区間制をとっているため、 問題が多いと記述しましたが、1回こっきりの普通運賃と比較して、 毎日乗車するような定期運賃では矛盾が噴出してしまいます。 つまり、26キロ区間の定期運賃が30キロ区間の定期運賃が同じでは、 26キロの人の気持ちが納まりません。そこで26キロ以上では差を 設けて、気を鎮めるようにようにしているのでしょうか? 1~25キロまでの定期運賃は(区間内は同一定期運賃)とは違った 形となっています..

続きを読む

【ふむふむ!】定期券の運賃はこうして決まっている

2016/04/01 12:04
定期運賃は、普通運賃をもとにして決まっています。 1~3キロ(本州3社の幹線)の普通運賃を例としてみてみましょう。 この区間の普通運賃は、140円で、定期運賃は4,540円です。 「140×30×1.08=4,536円の計算だ。」と考えることが できます。 6円を切り上げて、4,540円となっているのです(1.08は 消費税です)。 また乗ずる30は30回乗車、つまり15往復分と考えることができます。 4~6キロ本州3社の幹線)の普通運賃は190円、定..

続きを読む

【こうすればいい?!】どうすりゃ「途中下車のキソク」をうまく使えるの?(その2)

2016/03/31 10:52
今回は、具体例でかんがえてみましょう。 東京ー真鶴(神奈川県)は95.8キロ(運賃は1,660円)です。もう少しで100キロです。101キロ以上のきっぷを持っていれば途中下車も可です。その都度きっぷを買わずにすむわけですから、この場合熱海まで(104.6キロ)のきっぷを買って出かけました。 そしてつぎのように途中下車しました。 東京(170円)品川(220円)川崎(220円)横浜(310円)大船(320円)平塚(410円)小田原(240円)真鶴 ..

続きを読む

【知らないとソン!】「途中下車」に注意(その1)

2016/03/25 12:01
101キロ以上の乗車券を買えば、途中下車ができるということを大抵の人が知っています。Bさんは山手線田端(東京都)から、高崎線の高崎まで行きます。田端で高崎までのきっぷを買うと1,940円(105.0キロ、IC乗車券1,944円)です。 このきっぷなら途中下車できるので有利だぞっと、大宮、鴻巣で途中下車して用事をすませようとしました。ところで、あとでわかったのですが、途中下車ではなく、その都度きっぷ(IC乗車券は各駅で下車する)を買うと             ..

続きを読む

【ここがポイント!】101キロのきっぷで分かれる乗り越し精算の方法

2016/03/22 08:46
さらに時刻表を読みすすめると「もとの乗車券の営業キロが、片道100キロ以内の場合には、新旧運賃の差額をお支払いください」とあります。これは、100キロ以内のきっぷを持っていて、乗り越し精算の方法は、101キロ以上のきっぷを持っていたときとは違いますぞと言っているのであり、発駅から着駅までの運賃からもっていたきっぷの額を差し引いたものが精算になるのですぞ、と言っているのです。 例として、「東京から小田原ゆきの乗車券(83.9キロ)で熱海(104.6キロ)まできっぷで乗..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その7)

2016/03/18 16:30
特定市内駅同士が接しているのは、東京都区内と横浜市内駅です。東京ー横浜は28.8キロのため、東京までのきっぷを買って出かけ横浜(駅)で乗り越し精算をしたり、また横浜までのきっぷを買って出かけ都区内の駅で乗り越し精算したりすると、節約できることが少なくありません。 例えば、福島から川崎に出かけるようなとき、川崎(横浜市内駅)までのきっぷを買うと5,400円(福島ー横浜間301.6キロ)ですが、蒲田(東京都区内の駅、福島ー東京間272.8キロ)までのきっぷを買えば、4,75..

続きを読む

もっと見る