【え~!】26キロ以上の定期運賃と25キロまでの運賃は決まり方が違う

2016/04/04 09:25
普通運賃のところで、JRの普通運賃は区間制をとっているため、 問題が多いと記述しましたが、1回こっきりの普通運賃と比較して、 毎日乗車するような定期運賃では矛盾が噴出してしまいます。 つまり、26キロ区間の定期運賃が30キロ区間の定期運賃が同じでは、 26キロの人の気持ちが納まりません。そこで26キロ以上では差を 設けて、気を鎮めるようにようにしているのでしょうか? 1~25キロまでの定期運賃は(区間内は同一定期運賃)とは違った 形となっています..

続きを読む

【ふむふむ!】定期券の運賃はこうして決まっている

2016/04/01 12:04
定期運賃は、普通運賃をもとにして決まっています。 1~3キロ(本州3社の幹線)の普通運賃を例としてみてみましょう。 この区間の普通運賃は、140円で、定期運賃は4,540円です。 「140×30×1.08=4,536円の計算だ。」と考えることが できます。 6円を切り上げて、4,540円となっているのです(1.08は 消費税です)。 また乗ずる30は30回乗車、つまり15往復分と考えることができます。 4~6キロ本州3社の幹線)の普通運賃は190円、定..

続きを読む

【こうすればいい?!】どうすりゃ「途中下車のキソク」をうまく使えるの?(その2)

2016/03/31 10:52
今回は、具体例でかんがえてみましょう。 東京ー真鶴(神奈川県)は95.8キロ(運賃は1,660円)です。もう少しで100キロです。101キロ以上のきっぷを持っていれば途中下車も可です。その都度きっぷを買わずにすむわけですから、この場合熱海まで(104.6キロ)のきっぷを買って出かけました。 そしてつぎのように途中下車しました。 東京(170円)品川(220円)川崎(220円)横浜(310円)大船(320円)平塚(410円)小田原(240円)真鶴 ..

続きを読む

【知らないとソン!】「途中下車」に注意(その1)

2016/03/25 12:01
101キロ以上の乗車券を買えば、途中下車ができるということを大抵の人が知っています。Bさんは山手線田端(東京都)から、高崎線の高崎まで行きます。田端で高崎までのきっぷを買うと1,940円(105.0キロ、IC乗車券1,944円)です。 このきっぷなら途中下車できるので有利だぞっと、大宮、鴻巣で途中下車して用事をすませようとしました。ところで、あとでわかったのですが、途中下車ではなく、その都度きっぷ(IC乗車券は各駅で下車する)を買うと             ..

続きを読む

【ここがポイント!】101キロのきっぷで分かれる乗り越し精算の方法

2016/03/22 08:46
さらに時刻表を読みすすめると「もとの乗車券の営業キロが、片道100キロ以内の場合には、新旧運賃の差額をお支払いください」とあります。これは、100キロ以内のきっぷを持っていて、乗り越し精算の方法は、101キロ以上のきっぷを持っていたときとは違いますぞと言っているのであり、発駅から着駅までの運賃からもっていたきっぷの額を差し引いたものが精算になるのですぞ、と言っているのです。 例として、「東京から小田原ゆきの乗車券(83.9キロ)で熱海(104.6キロ)まできっぷで乗..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その7)

2016/03/18 16:30
特定市内駅同士が接しているのは、東京都区内と横浜市内駅です。東京ー横浜は28.8キロのため、東京までのきっぷを買って出かけ横浜(駅)で乗り越し精算をしたり、また横浜までのきっぷを買って出かけ都区内の駅で乗り越し精算したりすると、節約できることが少なくありません。 例えば、福島から川崎に出かけるようなとき、川崎(横浜市内駅)までのきっぷを買うと5,400円(福島ー横浜間301.6キロ)ですが、蒲田(東京都区内の駅、福島ー東京間272.8キロ)までのきっぷを買えば、4,75..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その6)

2016/03/16 08:56
この規則をうまく使うもうひとつの方法のひとつは市内駅のきっぷを買って出かけ、市内駅を通過して乗り越し精算のキソクを上手につかい、運賃の節約をはかる方法です。 常磐線の日立(茨城県)から山形へ行く場合、日立の駅で山形までのきっぷを買うと、4,750円です。ところが仙台まで(日立から213.8キロ)のきっぷを買って出かけ、山形駅で乗り越し精算をすれば、〆て(しめて)、4,170円ですみます。580円も安く行けてしまうのです。 そのわけは、次のとおりです。仙山線..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その5)

2016/03/14 08:43
さて、東京都区内ではなく、この規則のあてはまる10都市の場合について、みてみましょう。規則を上手に活用する原則は、市内駅に含まている駅へ行くとき、中心駅より手前の駅か、先の駅かでこの規則の活用法が変わってきます。 例1 紀勢本線の紀伊有田(和歌山県)から阪和線の杉本町(大阪市内駅)へ行くとき、紀伊有田の駅で杉本町までのきっぷを買うと、紀伊有田と大阪の距離が225.3キロのため、運賃は紀伊有田ー大阪できまってしまい、4,000円となります。そこで大阪市内駅となる..

続きを読む

【両刃の剣】うっかりしちゃダメですよ!「山手線発着」(その2)

2016/03/01 11:01
山手線内発着の乗車券のキソクについて、詳細をご説明します。 東京駅から101~200キロの間にある駅から山手線内の駅までのきっぷを買うと、運賃が、出発駅から目的駅(山手線内の駅)の距離に関係なく、出発駅と東京駅間の距離で決まってしまうという変わった規則です。山手線内から出発するときも同じです。 ではどんな規則かです。 東海道本線の西焼津(静岡県)から水道橋(東京都、山手線内の駅)へ出かけようときっぷを買います。営業キロは197.0キロで運賃は、3,350..

続きを読む

【両刃の剣】うっかりしちゃダメですよ!「山手線発着」(その1)

2016/02/29 19:27
運賃計算にはルールがあることを以前いいましたが、やはり特例があります。いくつかの特例のうち、ここをきちんと抑えておかねば、自分で運賃計算どころか、キソクを上手につかうこともできません。 そのひとつが「山手線内発着」の乗車券です。 この規則はまことに「両刃の剣」のようなもので、あるときはこの規則のために利用者が恩恵に預かるかと思えばあるときは憎らしげに立ちはだかって悩ませます。 例えば、中央線塩崎(山梨県)から新宿(東京都)へ出かけるとき、きっぷを..

続きを読む

【実例、グッドアイデア】だから「特定区間」をうまく活用すれば、もう笑いが止まらない(その3)

2016/02/25 13:29
特定区間をうまく活用して節約した例をもう少し考えていきます。今回は3回シリーズの最終回です。 例5 京都-神戸(75.9キロ)が特定区間(1,080円)で普通運賃(1,240円)と比べて160円安くなっているのに京都-大阪(42.8キロ、特定運賃560円)、大阪-神戸(33.1キロ、特定運賃410円)とつなぐと普通運賃(75.9キロ、1,240円)よりさらに110円、合計で270円も安くなってしまうのです。 このため、東海道本線の山科(京都府、幹線)から神戸..

続きを読む

【実例、グッドアイデア】だから「特定区間」をうまく活用すれば、もう笑いが止まらない(その2)

2016/02/24 10:46
特定区間をうまく活用して節約した例をもう少し考えていきます。 例3 JR中央線吉祥寺(東京都)からJR京浜東北線蒲田(東京都、営業キロ30.4キロ)は、吉祥寺-渋谷(営業キロ15.6キロ)と渋谷-蒲田(営業キロ14.8キロ)と2つに分けて買います。 このように2つに分けたときは1ヶ月で81.7%、6ヵ月では78.4%も通しで買った時よりも安くなってしまうのです。吉祥寺-渋谷間が特定区間となっているため、このように2つに分けると、通しで買うよりも安くなってしま..

続きを読む