【こんな特例もありるの?】選択乗車

2016/04/15 08:55
利用者の便宜を図ったルールとしては、特定区間と似た「選択乗車」の制度もあります。 これは、指定された区間において、乗車券に記載された経路=運賃計算に使った経路以外の、 別な経路も選んで乗車できるものです。 2014年6月現在、57の区間が指定されており、旅客営業規則に掲載されています。 代表的なものは、新幹線と並行する在来線にかかわるもので、今では大半がそうした区間ですが、在来線だけが関係する区間もあります。 例えば、相生~東岡山間に..

続きを読む

【こんな特例もあります】特定区間

2016/04/14 09:42
運賃計算の元となる営業キロ、運賃計算キロは実際に乗る経路どおりに 計算することが原則です。しかし、原則があれば、例外もあるのが世の常。 以前ご紹介した近郊区間など、最たるものかも知れません。 JRの路線には、両者の需要がほぼ等しかったり、列車の運転の都合などに より同じ区間であっても同等に利用できる経路が複数ある場合があります。 このうち、全国で9つの区間は「特定区間」に指定され、運賃のほか、 特急・急行料金、グリーン料金も、実際の乗車経路にかかわらず..

続きを読む

【こんな特例があります】大都市近郊区間

2016/04/13 10:25
例えば、東京から池袋までJRで行く場合、山手線内回り電車に 乗れば25分ほどで着きます。ただし、中央快速線に乗り、新宿 で埼京線に乗り換えても、所要時間は25分ほどです。 どちらを選ぶかは人はそれぞれでしょう。運賃はどちらも200円 です。きっぷを買う時も山手線経由か中央線経由かは尋ねられません。 いちいち尋ねられたとしても、面倒ですね。 これは大都市の「近郊区間」内の駅に相互に発着する特例に該当する ケースです。近郊区間は東京、仙台、新潟、大阪..

続きを読む

【これは驚き!】定期券の購入は利用者の任意区間買えます

2016/04/12 10:59
定期券の「お求めの際に通勤先の証明などは不要です」(JTB)とあります。これは通勤先が空欄でも一向に差支えないことを物語っています。 実際、駅で聞いてみても、「構わない」とのことでした。 「通勤定期券」という表現が使われているため、通勤でないとダメかと 思い込むのも早計というものです。通勤でなくともいいのです。 商用でもいいし、病院への通院でもいいし、見舞いでもいいのです。 任意に定期券の購入ができるのですから、利用に応じて1~3キロの 定期券を1..

続きを読む

【びっくりポン!】「特定区間」を上手に使って分けて定期券を買えば節約額はジャンボ

2016/04/11 08:45
さらに定期券を2つに分けると安くなる例をみてみましょう。 京都から垂水(たるみ、兵庫県)までJRで通勤する場合、 6カ月の定期運賃は次のようになります。  京都ー垂水(89.0キロ)   214,610円  京都ー神戸(特定区間)     155,520円  神戸ー垂水(13.1キロ)    34,210円  合計              189,730円 24,880円の節約となります。 特定区間の運賃表をみますと、京都ー神戸間は普..

続きを読む

【こんなに?】土浦ー日暮里の6カ月定期を2つに分ければ年間69,820円の節約

2016/04/08 08:07
例として、北千住ー天王台間(28.8キロ、電車特定区間)をみます。 通しで1カ月定期券を買うと13,900円です。 これを、北千住ー馬橋間(13.9キロ、電車特定区間)、 馬橋ー天王台間(14.9キロ、電車特定区間)と分けて定期券を 買えば、6,460円×2=12,920円です。 980円の節約となります。 上野ー取手間は「電車特定区間」、取手以遠は本州3社の幹線運賃です。 したがって、「電車特定区間」と「幹線」をまたがって利用している ときの..

続きを読む

【合わせ技が災い?】101キロ超えたら、定期券は2つに分けたほうが安くなることが多い

2016/04/07 08:19
JRの時刻表には定期運賃は100キロまでしか掲載されていません。 100キロを超えたときには、例えば101キロの時の定期運賃は、100キロの定期運賃+1キロの定期運賃となります。 つまり、  46,650円+4,540円=51,190円となります。 そこで、101キロを超えるような場合は2つに分けたほうが安くなることが多いのです。 今の例でみますと、例えば101キロを50キロと51キロに分けて 買うと、 23,810円(50キロ)+24,340円..

続きを読む

【使い得ですよ!】ムリをして買ったほうがお得な6カ月定期

2016/04/06 10:25
1~3キロ(JR3社の幹線)の6カ月の定期運賃は21,760円です。1カ月の定期運賃は4,540円との関係を計算してみますと、 140円×30日×6カ月×1.08=27,216 ≒27,210×0.8=21,768(8円は切り捨て) 出てきた27,210円に0.8を掛けるというのは80%、言い換えれば2割引きであることを意味しています。 つまり1か月分の定期運賃の6倍(6カ月分)の2割引きということです。 1~25キロまでは、”消費税..

続きを読む

【そっけない!】無愛想な3カ月定期券

2016/04/05 08:45
3カ月定期券の計算は下記のようになっています。 1~3キロ  140×30×3カ月×1.08=13,608×0.95  =12,928→12,930円 4~6キロ  170×30×3カ月×1.08=16,524  ≒16,530×0.95=15,704→15,710円 7~10キロ  180×30×3カ月×1.08=17,496×0.95  =16,621→16,620円 11~15キロ  220×30×3カ月×1.08=21,384×0.95  ..

続きを読む

【ふむふむ!】定期券の運賃はこうして決まっている

2016/04/01 12:04
定期運賃は、普通運賃をもとにして決まっています。 1~3キロ(本州3社の幹線)の普通運賃を例としてみてみましょう。 この区間の普通運賃は、140円で、定期運賃は4,540円です。 「140×30×1.08=4,536円の計算だ。」と考えることが できます。 6円を切り上げて、4,540円となっているのです(1.08は 消費税です)。 また乗ずる30は30回乗車、つまり15往復分と考えることができます。 4~6キロ本州3社の幹線)の普通運賃は190円、定..

続きを読む

【こうすればいい?!】どうすりゃ「途中下車のキソク」をうまく使えるの?(その2)

2016/03/31 10:52
今回は、具体例でかんがえてみましょう。 東京ー真鶴(神奈川県)は95.8キロ(運賃は1,660円)です。もう少しで100キロです。101キロ以上のきっぷを持っていれば途中下車も可です。その都度きっぷを買わずにすむわけですから、この場合熱海まで(104.6キロ)のきっぷを買って出かけました。 そしてつぎのように途中下車しました。 東京(170円)品川(220円)川崎(220円)横浜(310円)大船(320円)平塚(410円)小田原(240円)真鶴 ..

続きを読む

【こうすればいい?!】どうすりゃ「途中下車のキソク」をうまく使えるの?(その1)

2016/03/30 15:09
①101キロ以上のきっぷを持っていれば途中下車は可、ということに  とらわれずに、降りる駅によって分けてきっぷを買ったほうが安い  場合があるので、要注意です。見分け方は、出発駅から目的駅までの  距離をみることです。  例えば鹿児島本線小倉(福岡県)から久留米(福岡県)へ行くとき、  JR時刻表をめくってみて距離をみます。そうすると、  103.9キロ(運賃は2,130円)であることがわかります。  たった、3,9キロで前の区間より、運賃が31..

続きを読む