【よく考えて!】途中下車がいいかどうかは、きちんと計算して決めたほうがいいですよ!

2016/03/29 11:53
前述の方法は、前記事の山手線発着のようなところに限られるかといえば、決してそうではありません。山陽本線竜野(たつの、兵庫県)から 大阪(104.1キロ)1,940円へ行く場合、途中の垂水(たるみ、兵庫県)で用があったときよりも、同じく通しで買うより、別々にきっぷを買ったほうが安くなります。                      きっぷ(IC乗車券も同額)  竜野ー垂水(57.9キロ)               970円  垂水ー大阪(46.2キロ、大阪の..

続きを読む

【知らないとソン!】「途中下車」に注意(その1)

2016/03/25 12:01
101キロ以上の乗車券を買えば、途中下車ができるということを大抵の人が知っています。Bさんは山手線田端(東京都)から、高崎線の高崎まで行きます。田端で高崎までのきっぷを買うと1,940円(105.0キロ、IC乗車券1,944円)です。 このきっぷなら途中下車できるので有利だぞっと、大宮、鴻巣で途中下車して用事をすませようとしました。ところで、あとでわかったのですが、途中下車ではなく、その都度きっぷ(IC乗車券は各駅で下車する)を買うと             ..

続きを読む

【これを知っておくと便利!】目的駅までのきっぷを買う、途中駅までのきっぷを買う、迷ってください

2016/03/21 14:21
時刻表の「きっぷの変更」というページをみると、「乗り越しの場合は、乗り越し区間の運賃をお支払いください」とあり、例として「東京山手線内から静岡ゆきの乗車券(営業キロ180.2キロ)で、浜松まで乗り越した場合は、静岡ー浜松間の運賃1,320円が必要です」とあります。 この場合、東京から浜松までのきっぷを買っていたときと、乗り越しをしたときとで、どちらがトクかソンかをみると  東京ー浜松(257.1キロ) 4,430円  東京ー静岡(180.2キロ) 3,3..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その7)

2016/03/18 16:30
特定市内駅同士が接しているのは、東京都区内と横浜市内駅です。東京ー横浜は28.8キロのため、東京までのきっぷを買って出かけ横浜(駅)で乗り越し精算をしたり、また横浜までのきっぷを買って出かけ都区内の駅で乗り越し精算したりすると、節約できることが少なくありません。 例えば、福島から川崎に出かけるようなとき、川崎(横浜市内駅)までのきっぷを買うと5,400円(福島ー横浜間301.6キロ)ですが、蒲田(東京都区内の駅、福島ー東京間272.8キロ)までのきっぷを買えば、4,75..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その6)

2016/03/16 08:56
この規則をうまく使うもうひとつの方法のひとつは市内駅のきっぷを買って出かけ、市内駅を通過して乗り越し精算のキソクを上手につかい、運賃の節約をはかる方法です。 常磐線の日立(茨城県)から山形へ行く場合、日立の駅で山形までのきっぷを買うと、4,750円です。ところが仙台まで(日立から213.8キロ)のきっぷを買って出かけ、山形駅で乗り越し精算をすれば、〆て(しめて)、4,170円ですみます。580円も安く行けてしまうのです。 そのわけは、次のとおりです。仙山線..

続きを読む

【これはびっくりポン!】11大都市へ201キロ以上行くときのミラクル(その5)

2016/03/14 08:43
さて、東京都区内ではなく、この規則のあてはまる10都市の場合について、みてみましょう。規則を上手に活用する原則は、市内駅に含まている駅へ行くとき、中心駅より手前の駅か、先の駅かでこの規則の活用法が変わってきます。 例1 紀勢本線の紀伊有田(和歌山県)から阪和線の杉本町(大阪市内駅)へ行くとき、紀伊有田の駅で杉本町までのきっぷを買うと、紀伊有田と大阪の距離が225.3キロのため、運賃は紀伊有田ー大阪できまってしまい、4,000円となります。そこで大阪市内駅となる..

続きを読む

もっと見る